夫が円形脱毛症になった。


本人が言うには「仕事のストレス」だそうだが、
私から見れば「この世で一番お気楽な性格をしている」と
言わざるを得ないほど日々適当に生きている人だ。


それなのに何故か夫は繊細な人がなるイメージの円形脱毛症によくなる。


円形脱毛症のはじまりは毎回唐突で、
それはそれはみごとなツルツルの皮膚が髪の毛の間からいきなり登場する。


体質は遺伝するのか、
お舅さんもよく円形脱毛症になっていたそうで、
お姑さんに相談すると


「家族があれこれ言ったら本人気にするかもだから、
放っていおいたらいいのよ。
気になるんだったら油性ペンで塗りつぶしてやりな!」と
ホントか嘘か分からない返しをされた。


まっ、私が禿げてるわけじゃなし
放っておいたらいいかと放っておいたら
今回は脱毛が襟足部分に大きく広がり
見た目にも「ドン引き!!」するまでになってしまった。


既にまゆ毛や腕の毛まで脱毛が始まり、
素人目にも「やばいんじゃないか?」と不安になってきた。



実はこれには原因があって、
最初に選ぶ皮膚科を間違えてしまったのだ。


つい最近、ママ友に
「夫の円形治らんのだよね~。○△皮膚科に半年もいっとるよ~。」と
何気なくつぶやいたら


その場にいた地元のママ友全員が
「いかんよ~~!!あそこはいかんよ~」と、
爆笑したほどの病院だった。


(・・・夫におススメしたの私だけどね・・・
家から近いし・・・)


彼女たちがいうには「先生が全く話を聞いてくれん」病院だそうで、
行くのは話好きのおばあちゃんたちばかりだとか。


確かに夫も「先生、‘禿げてても前向きに!
とか言うばっかりで全然治らん・・・。
オレはいっつも前向きやのに。」とぼやいていた。


そうか、そうか。皮膚科が違うかったか。それは悪かった。


間違った皮膚科を紹介した手前、
ママ友によい皮膚科をリサーチしてみる。


皮膚科は絶対数が少ないのか?
それともあんまり用事がないのか?
地元のママ友でさえ評判の良い皮膚科はすぐには出てこなかった。


それでもみんな一生懸命考えてくれて、
ようやく2,3件の病院名を聞き出すことができた。


一つは何故か産婦人科と皮膚科の一体型医院。
先生が1人で産婦人科と皮膚科を行ったり来たりしているそうで、
せわしないことはなはだしいのだが、
腕はかなりのもので、ママ友の親戚のおじさんに髪の毛が生えてきたそうだ。


もう一つは先生がママ友の好みらしく、
ダンディーでかっこいいとの事。
ただ、彼女の好みは「馬面」だそうで、
ぐっさん(山口智充)が好みの私には用はない。


最後の病院は「セレブ医院」だそうで、
裕福な家の奥様が肝斑だとかで通ったり、
ニキビ跡のレーザー治療などおしゃれな治療もしているそうだ。


夫は最後の病院が気になるようで、
「ケッ!セレブでもないくせに」と思いつつも、
ネット検索をしてみた所、円形脱毛症の治療も積極的に行っている病院のようだ。


病院のホームページには「ステロイド治療」という入院して
治療する円形脱毛症の事が書いてあり、
夫の襟足の禿げ具合を見ている限り、
「入院した方がいいんじゃないか?」とまで思えてきた。


とにかく次の夫の休みには
「セレブ医院」とやらに付き添ってみようと思う。


あんまり円形脱毛症が酷いと、
「家庭で何かあるんじゃないか?鬼嫁なのか?」と
変な疑いをかけられそうなので・・・。


※ 写真は夫が病院でもらって来たハゲたまゆ毛用の薬。
一生懸命塗っても生えてこなかったよ~。
まゆ毛薬の画像